日本製綿100%使用 全面プリントタオルの宮タオル

top → 全面プリントタオル

イベント・ライブによく使われている 全面プリントタオル

デザインを綺麗に表現するため、日本製・綿100%のシャーリングタオルで
製作します!! タオルの端までプリントするため、タオルカラーは
白タオルのみで対応しております。
フェイスタオル・マフラータオル・スポーツタオル・バスタオル・
ハンドタオル・ ミニタオルの6種類からお選びいただけます。
タオルの端までプリントできるので、デザインをダイナミックに表現
したい人にオススメのタオルです!!
自動見積・ご注文はこちらから

全面プリントタオルってどんなタオル?

日本製・綿100%のシャーリングタオルにインクを定着させるので、 プリント部分の綺麗な発色、光沢感が特徴のタオルになります。
最大6色まで印刷することができます。
インクをタオルの毛足に染め込ますため、 風合いが柔らかくタオル本来の心地よい肌触りに仕上がります。
プリント後には、 洗浄により余分な染料や汚れを完全に洗い流すので、発色も鮮やかに仕上がります。
260匁フェイスタオル 全面プリントタオル
※写真のフェイスタオルは260匁になります
その後に、乾燥・縫製を行うため、一手間も二手間もかけたタオルになります。
全面プリントタオルはタオルを染めるわけではないので、 タオルの裏面はタオルカラーの白色になります。

シャーリングタオルってどんなタオル?

シャーリングタオルとはタオルの基本生地であるパイル(毛先がループ状の部分)の表面をカットし、
インクを染め込みやすくしたタオルになります。
肌触りの良いシャーリングタオルなので、全面プリントならではの発色の良い色に仕上がります。
スポーツ観戦時の応援タオル、ライブ会場での販売用オリジナルタオルなど、 デザインの綺麗なタオルのほとんどがシャーリングタオルになります。
シャーリングタオルってどんなタオル? 図解

タオルサイズ一覧 全面プリント

全面プリントタオルでは、下記の6種類のタオルサイズで印刷することができます。
サイズ一覧 フェイスタオル 全面プリント
タオルサイズ:約34×84cm
サイズ一覧 マフラータオル 全面プリント
タオルサイズ:約20×110cm
サイズ一覧 スポーツタオル 全面プリント
タオルサイズ:約40×110cm
サイズ一覧 バスタオル 全面プリント
タオルサイズ:約62×120cm
サイズ一覧 ハンドタオル 全面プリント
タオルサイズ:約34×36cm
サイズ一覧 タオルハンカチ 全面プリント
タオルサイズ:約22×22cm
自動見積・ご注文はこちらから

デザインを提出する時の注意点 全面プリントタオル

印刷範囲につきましては、タオル全面に印刷することができます。
印刷するタオルの表面部分は、柔らかい毛足で出来ているため線幅と線間隔が太いほど、 デザインがキレイに表現できます。
線幅と線間隔が最細でも 2.5mm以上 は必要になります。
デザインを提出していただければ、弊社にてタオルにプリントできるよう修正いたします。
デザインを提出する時の注意点 全面プリントタオル 図解

タオルの端(ヘム部分※1、ミミ部分※2)に
デザインがかかると、必ずにじみます。

できるだけ端にかからないようにデザインして
ください。

※1.ヘム部分:タオル両端の短い辺
※2.ミミ部分:タオル両端の長い辺

※全面に印刷することは可能です。
線幅:2.5mm以上
線間隔:2.5mm以上
染料を塗り込む印刷方法なので、印刷するデザインが複雑であったり、 微細なものには多少のにじみが発生する場合があります。

染料プリントってどんなプリント方法?

全面プリントタオルのプリント方法は、「染料プリント」を採用しております。
「染料プリント」といわれてもピンとこないと思いますが、 「染料インク」をタオルの毛先に染め込ますプリント方法なのです。 そのため、風合いが柔らかくタオル本来の心地よい肌触りに仕上がります。
プリント後、熱による物理的反応で発色させ、 洗浄により余分な染料や汚れを落とすためカラーの発色が綺麗です。

染料インクってどんなインク?

数千年前にエジプトやギリシアなどで巻貝の身からとれる液体(プルプラという分泌液)を使い、 貝紫という染物を作る技術が発達しておりました。 1gの染料を集めるのに数千個の巻き貝が必要になることから、帝王紫と呼ばれる貴重なものでした。
インドではインディゴ(藍)など植物染料を使った染色技術も生まれました。
天然染料は産地が限られていたため入手が困難でした。 そのため、1800年代から人工的に作る技術が発展し、今では1万種類以上あるといわれています。