リバーシブルで使えて小ロット対応の毛違いジャガードタオル | オリジナルタオルの製作は宮タオル

top → 毛違いジャガードタオル

サポーターグッズとしてよく使われている毛違いジャガードタオル どのタオルよりもボリューム感・高級感がある毛違いジャガード織りで製作されたタオルになります。愛媛県今治産・綿100%の高級素材を使用しているため、肌触り・吸水性が抜群のタオルになります。デザインを2色の異なる糸で交互に織り上げて表現するため、色落ちが少なく安心です。タオルの裏側は表側のデザインカラーが反転しリバーシブルになっております。タオルサイズは4種類あり、糸色は全23色の豊富なカラーバリエーションからお選びいただけます。プリントタオルとは違うインパクトがあり、高級感をプラスしたい方にオススメです

自動見積・ご注文はこちらから

毛違いジャガードタオルってどんなタオル?

縦横2色の異なる糸で交互に織り上げてデザインを表現する技法で製作されたタオルになります。
毛違いジャガードタオルは、 プロサッカーチームやプロ野球チームのサポーターグッズにもよく使用されています。
ヘム部分(タオル両サイドの短い辺)にも文字や簡単なロゴマークを織り込めて、 刺繍のような盛り上がりや硬さがないのが特徴です。
最小ロットは100枚からという小ロットで製作可能です。
ポイント 1高級感のあるジャガード織り 2ジャガードならではの質感 3全23色だから豊富に選べる

選べる糸色全23色

毛違いジャガードタオルでは、糸色を全23色の中からお選びいただけます。
糸色は全23色の豊富なカラーバリエーションからお選びいただけるため、 様々なシチュエーションにマッチします。
毛違いジャガードタオル糸色 1黒 2紺 3ブルー 4サックス 5シアン 6エンジ 7赤 8マゼンタ 9ピンク 10オレンジ 11ゴールド 12イエロー 13レモン 14ブラウン 15ベージュ 16グリーン 17ライトグリーン 18パープル 19ディープパープル 20グレー 21ライトグレー 22モスグリーン 23白
パソコン、スマートフォンで表現される色は、環境、メーカー、設定の違いにより同じ
    データでも色の見え方が違って見えてきてしまいます。出来上がった商品の色と、
    モニターで表現される色には差が生じますのでご了承ください。

タオルサイズ一覧 毛違い

毛違いジャガードタオルでは、下記の4種類のタオルサイズから製作することができます。
サイズ一覧 フェイスタオル 毛違い
タオルサイズ:約34×80cm
サイズ一覧 マフラータオル 毛違い
タオルサイズ:約20×110cm
サイズ一覧 スポーツタオル 毛違い
タオルサイズ:約40×110cm
サイズ一覧 ハンドタオル 毛違い
タオルサイズ:約34×35cm
商品の特性上、最初の洗濯で縮みが生じます。
タオルですので伸び縮みがあります。 実際は使用後に縮みがあることを考慮し、多少長めに織るようになっています。

自動見積・ご注文はこちらから

デザインを提出する時の注意点 毛違いジャガードタオル

タオル全面のデザイン範囲につきましては、ヘム部分、ミミ部分※1 を除いた全てにデザイン可能です。
(ミミ部分は縫製が必要な為、タオルの四方1cmの余白が必要になります。)
細かすぎる線はパイルに埋もれてしまう可能性があるため、最細でも2mm以上の線が必要になります。
ヘム部分につきましては上下3mm、左右1cmの余白が必要になります。
デザインを提出していただければ、弊社にてタオルにデザインできるよう修正いたします。
デザインを提出する時の注意点 毛違いジャガードタオル 図解
タオル全面
線幅:2mm以上
線間隔:2mm以上
文字サイズ
縦横3cm以上
タオル全体
線幅と線間隔が最細でも2mm以上は必要に
なります。
文字を入れる場合は、文字サイズを縦横3cm以上
必要になります。


ヘム部分
線幅と線間隔が最細でも1mm以上は必要に
なります。
文字を入れる場合は、文字サイズを縦横1.4cm
必要になります。
ヘム部分
線間隔:1mm以上
線幅:1mm以上
文字サイズ:縦横1.4cm
※1 ミミ部分:タオル両サイドの辺(ヘム部分と垂直になる辺)

ジャガードタオルのジャガードってどういう意味?

ジャガードとは、特定の模様や柄ではなくジャガード織機により作られたもののことをいいます。
織機は1806年にフランス人発明家のジョセフ・マリー・ジャカールさんによって発明された自動織機になります。 パンチカードと呼ばれる紋紙で模様を設定します。 今ではコンピュータ化しています。
日本では1873年に西陣などから伝えられました。 本来は「jacqard(ジャカード)」と呼ぶのですが、 日本では発音しにくいため発音しやすい「ジャガード」になりました。